アクセスカウンター
プロフィール

EBIXER

Author:EBIXER
あっちをブラブラ、こっちをブラブラ。
気の向くままにカメラを向けてます。

使用カメラ・機材は
EOS5D3+BG-E11
EOS40D+BG-E2
EF24-105mm F4 L IS USM
EF100-400mmF4.5-5.6L IS USM
EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS
SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM
Canon EXTENDER EF2× III
550EX
Canon Power Shot S95


HPは建機備忘録

youtubeにも動画をUPしてあります。お時間があればどうぞ。
YouTube - yutani533のチャンネル


各地に残る油谷重工の機械・TY45の情報をお寄せください。お待ちしております。また他社古典機等の情報もお寄せ下さい。


こちら




最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
RSSフィード
地震速報
ガソリン価格

gogo.gs
PR
色見本
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
TSL OGASAWARA グラフ特集
プレス発表から早数週間。久々に動いちゃうってことでマニアが騒いでいるこのおフネ(笑

03.27に公試に出た時の写真をば。

トータルで今回の出港に向けて4回公試したんだっけかな。

とりあえず出港の日程がオープンになってますが、どうしようかなと。

まぁオープンになってなくても分かるんで問題ないんですがw

今んところは行く予定で居るけども。。。

結局これが最後になるかもしれないし。

はっきり言ってグレーに塗って海自が輸送艦で使えば良いとか改装して同様に。とか言ってるのが多いけどその用途では使い物にはならんよと。改装ってどんだけの事をすれば良いのか分かってますか?

と聞きたいなと。

まぁ愚痴を垂れるのはこれぐらいで本題を(笑

IMG_5404.jpg


IMG_5418.jpg


IMG_5435.jpg


IMG_5469.jpg


IMG_5473.jpg


IMG_5517.jpg


IMG_5520.jpg


IMG_5537.jpg


IMG_5544.jpg


IMG_5547.jpg


IMG_5548.jpg


IMG_5554.jpg


IMG_5567.jpg


IMG_5602.jpg


IMG_5609.jpg


IMG_5611.jpg


IMG_5631.jpg


IMG_5672.jpg


IMG_5681.jpg

ざっとこんなもん。
一先ずは二週間ほどの派遣で少しでも被災者の皆さんの疲れを取り活躍できればと願う次第です。
市も寄せ書きを募集してるようですし。

被災地への寄せ書き募集 大型船に託し14日宮城へ


スポンサーサイト
| 2011/05/12(木) 00:33 | Trackback:(0) | Comments:(2)
SUPER LINER OGASAWARA
TSL・・・テクノスーパーライナー

玉野とTSLと来れば少し詳しい人なら分かるでしょう。これ

そのSUPER LINER OGASAWARA(以下:小笠原)が動くって事で行ってきました。

ここ数日、小笠原取り巻く環境が目まぐるしく変化し動くと言う情報を掴んだのが2.3日前。時間は不明だけど大よそ見当が付いたんで出動。
勘のいい人は分かるでしょ、何で急に小笠原かって。そりゃあもう。

朝起きてどうしようかと思って一旦止めたけど結局行ったでござる。


※ガスってて写真を調整してるんで色合いが異なってるのは勘弁。まぁボロっちく写ってるのが忠実と思ってもらえればww

少し予定していた時間から遅れて到着。3突に大鳳が居なかったからアウトかビンゴと思いつつ見てみるとビンゴw
蛸崎生活に終止符?

カメラ出してレンズを100-400に換装して時間を潰したりしてると定番タグ2隻、大鳳、さかえ2が動き出したんでパシャリ。索は早いうちから繋いでました。

長年住み慣れた蛸崎を離岸。万年床だなんて誰も言ってない!(爆IMG_4546.jpg


約14,500トンの巨体をゆっくりとプッシュし曳航。こんな姿本当に久しぶり。
IMG_4561.jpg


7岸には「しもきた」「しょうなん」が付けてるし障害物があるんで回頭して1岸へ。
IMG_4570.jpg


さきの震災の影響で年検が早期完工になった「しもきた」の横を。夏の定検はどうなるか。。。色々支障が出るだろうなぁ。バッドニュースも聞いてるし。
IMG_4627.jpg

曹過程で術校行った知り合いは着任早々災派で大変だろうな・・・とか思いつつその間も小笠原は進み。

こういう角度で見るのはあんまり記憶に無い。やっぱりフェリーからだと一辺倒だし。
IMG_4640_20110320212618.jpg


蛸崎ががらんどう。これであれがよく見えるように。
IMG_4641_20110320213900.jpg


大きなお口を開き進む訳で。この船って「あめ」や「なみ」と同じロールスのLM2500ガスタービン2基 世界最大径のウォータージェット2基でディーゼル4発という超ブルジョアなお船。
IMG_4692.jpg

結局それが仇となって原油高で・・・ご存知の通りに。まぁドラム缶を海に捨てながら走るようなもんで。
足早なのが魅力だったけどそれ故に潰れたと。


IMG_4714_20110320213859.jpg


IMG_4717.jpg


蛸崎時代では見れなかった左舷側。やっぱり防舷材の跡がクッキリ。
IMG_4757.jpg


描かれたイルカの様に軽やかに走れんかったとです・・・
IMG_4778.jpg

船首辺りをクローズアップして数葉貼ってみまする。

IMG_4780.jpg


IMG_4781.jpg


デッキクレーンは10トン。ちょっと物足りない気もするけどこんなもんかな。。。
IMG_4783.jpg


こうしてみるとやっぱり今までとは一線を画すデザインもとい高速船らしいデザインか。
IMG_4806.jpg


両舷とも同じように両サイドの巻取り機からロープを展長させてV字で曳航と。
IMG_4830.jpg


IMG_4860.jpg


いつの間にか作業員も移動。
IMG_4862.jpg


そうこうしてるうちに予定通り1岸へ。索も繋いで係留準備をば。
IMG_4968.jpg


IMG_4986.jpg


IMG_5004.jpg


作業が完了し母港へ戻るいつものコンビ。
IMG_5060.jpg

1岸へ着いたんでいつものように撮影をするべく移動。結構色々と写してる思い出の場所だったり。


ケツを真正面から見るとこんな雰囲気だったのね。
IMG_5070.jpg


IMG_5072.jpg


IMG_5073.jpg


IMG_5082.jpg


多分展望室の類。営業運転時には立派なウェーキが見れたんでしょうなぁ。
IMG_5093.jpg

両舷のファンネルを。

IMG_5104.jpg


IMG_5109.jpg


水上レーダーに風向風速計、航海灯とトップ付近の小さいのは何だろう。
IMG_5113.jpg


IMG_5125.jpg


IMG_5141_20110320224559.jpg


IMG_5151.jpg


とまぁこんな感じで。ビデオも回そうかと思ったけど中途半端になるんでやめました。

今後の動向なんかは知ってますがまだ言うには早いかなと思ったりしてるんでお口にYKKもといチャック。。。


| 2011/03/20(日) 22:52 | Trackback:(0) | Comments:(1)
大海原へのあゆみ
昨日は三井玉野へ進水式を見に行ってきました。

まぁ進水式っていうと造船所が近くにある方なら分かるでしょうけど船をある程度まで作ると船台から海へと滑走させる船にとっては正に人生を歩み始める式な訳です。(まぁ最近はドック進水で式前に注水でタグで引っ張るのが主流に・・・)
三井玉野は昔ながらの迫力ある船台進水でございますですw

進水式自体が平日なので今まではロクに行けてなかったんですけど時間が余る状況だしmixiで三井玉野のコミュ運営してるから行かなきゃねぇ~ってことで(爆

IMG_0765.jpg 入って直ぐに見つけたのはこの子。まぁ何度も見てる力持ちの250tキャリア。造船はブロックを造ってそれらを組み合わせる方式ゆえにこういうデカイのがいるんです。


本日の主役56BC。56000載貨重量トンバラ積み貨物船。船自身は30000トン台
150隻以上を受注しこれが120隻台だったかな。異例のヒット商品ざんす。もうじき新型の66BCが出ます。
主役

進水までの作業要領は5段階ほど。進水作業開始→行止支柱取り外し→トリガー安全装置外し→準備完了→支綱切断・進水となってとります
IMG_0768.jpg

こういうフェリーの進行状況が表示されるのもここならでは。以前は連絡船も入ってたことでしょう。
IMG_0784_20110119100435.jpg

観光協会はやきもきしてますが少ないほうが助かるんだけどなぁ~w
少な目かのう

真ん中のお人が船主。デンマークのTriton Navigation B.V.社の社長さんです。左が住友重機械の船舶のお偉いさん。
うぇるかむ~

式が始まりデンマーク・日本の国歌がいよいよ船名の命名。
本船を・・・・・と命名する

本船はTRITON SWALLOWと命名されました。
トリトン スワロー

命名が終わると進水作業に掛かり準備が整えばいよいよ支綱切断からの進水!。斧を使うとこもありますがハンマーモドキですねw。まぁちなみに支綱っていうのは安産のお守りになると言われてまして縁起物であります。一応玉野じゃ観光協会で買えた筈。
支綱切断!

支綱切断するとお決まりなのがシャンパンを割る事であります。ロープが外れてビューン!と加速してバリーンになっちゃいます(笑
びゅーん!

バリーんっ!

ちなみにこのシャンパン、直ぐ横の生協で1kほどらしいw byBELL氏
IMG_0834_20110119101554.jpg

めでたくくす玉が割れ紙ふぶきにテープを纏い海原へと進むのであります。
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・Powered by BELL氏(笑

余談ですが観光協会でフォトコンやってるんですがまぁ毎度毎度この上の写真のようなが入選してるんですよねぇ。
何と言うか出す方も選ぶ方も馬鹿の一つ覚えと言うか芸が無いというか。正直寒い事やってるなと思ったりするんですよねぇ・・・

今回は2号なんでゆ~っくり。やっぱり5号で非ずんば三井玉野に非ずってことっすかww
まぁ来月は5号なんで行きましょうかね~
IMG_0849.jpg

IMG_0852.jpg

支援のタグはお馴染みの栄吉海運のさかえ丸2と植田曳船の大鳳丸。いつものコンビです。
お馴染み

IMG_0873.jpg

進水式も終わり帰ろうとしてると何やら横で注意する声が。
振り向くとオバハンに爺さんが規制線越えて立禁区域に入ってやがる・・・・
しかも気付かずそのまま撮影続けるし最悪じゃねぇかと。脚立ジジイどもが居るときもあるから警戒してたけど・・・
ちゃんと入場時に配られるペーパーに書いてるんですよ。スタッフの指示に従うようにとか順路以外に絶対に立ち入るなって。事故でもあったら公開されなくなるのが分かってないようです。こういう連中は。
三井玉野ほどオープンなのは珍しいのに。。。
こういう連中につける薬は無いんで困ったもんです。知ったかぶりをかましてガセネタ流すオッサンも居たぞ。立入禁止区域に入れるわけ無いのに。
馬鹿その1

ここにも、、、
馬鹿その2

こういうアホのお陰で総務の若いおにいちゃんがお偉いさんに怒られてたよ・・・
まぁ注意しなかったのはミスだけどとばっちりだよなぁ。

船台下の待機所でこんなのを(笑
ターレット!
市場じゃないっすww

ん?何やら面白い光景がw 守衛さんご苦労さまっす。
カブやっぱりかっけぇっすw

先頭は所長と常務が座乗。一応ここの持ち物のクラウン。去年導入。
二番手は船主さんと住友のお偉いさん。フーガは不明
カブに先導されやってきたクラウンにフーガ

なんか知ってる顔が乗ってるんですけど。。。
両備。

このステア具合最高ですなぁ・・・
魅力的・・・

小さくても25t。実にタフな野郎ですw
タフネスボディ

塗装さんが使ってるから芸術的色使い(ぇ
BELL氏に話は聞いてたし写真は見せてもらってたけど前回見れなくてようやく。
どろどろポーターキャブ

かなり簡単に書きましたが何時、何度見ても良いもんです。オススメですよ。


続きを読む
| 2011/01/19(水) 10:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)
最悪の事態
本日四国運輸局より衝撃的な発表がありました。

宇高航路2社事業廃止

正直初め聞いたときは冗談だと思った。
しかし発表は四国運輸局。公的機関であり地元紙山陽新聞でも取り上げられている。
何度見ても撤退により宇高航路は廃止と書いてある。あまりのショックで涙が出そうになった。
どうしても信じられず国道フェリーへ問い合わせをしてみたところ、やはり事実だった。僅かな時間だったが電話に対応してくれた50代の社員の方に感謝と寂しさの思いを打ち明けると自然と涙がこぼれた。

帰宅後はテレビを付け情報収集を開始しローカルニュースを見る。
やはりビッグニュースだけに扱う時間も長い。自治体首長や両社の社長のコメントも流れていた。両社からすれば国の愚策に巻き込まれ何故自らがこういった事態になれば、ならないのかと言う憤りのコメント。自分もまったく同じだ。
我が玉野市の黒田市長は「1%でも存続の可能性があれば何とかしたい」と言っていた。どういう風になるか分からないが自治体の支援による航路の存続を切に願った。

振り返ればこの1,2年で高速1000円に伴う利用者の減少で相次いで減便が行われた。キャッチコピーである「昼も夜も、28分ごと」も今では40分ごと。夜間は運航してない時間もある。早朝の利用時は自分ひとりで貸切ということもあった。2社とも経営努力を行い最終的に相互運航や往復券の相互利用可能まで行っている。
恩恵もあるのだろうが、地球温暖化防止に相反し高速道路の概念を無視している現在の状況には憤りを感じる。ましてやJRやフェリーなどの公共交通機関への支援も無い。

まったくもって愚策以外の何物でもない。

地域もとい四国と本州を繋ぐ動脈として欠かせない足になっているものをこうして廃止に追い込んだ麻生から鳩山へ続く馬鹿政権は許せない。
何としてでも存続を願いたい。財政的に厳しいのは分かるが地元自治体で出来る限りの事をして存続させて欲しい。

宇高航路100周年の節目の年でもあるのだから・・・・

今は推移を見守るしか出来ないが、写真に収めていきたいと思っている。もちろん可能な限り利用する。

頼む、宇高航路よ生き残ってくれ・・・・・

http://wwwtb.mlit.go.jp/shikoku/newsrelease/2009/2010-0212-1734-9.html

http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2010021215213763/


IMG_2986.jpg


IMG_3030.jpg


IMG_3033.jpg


IMG_7254.jpg


IMG_7258.jpg


IMG_7259.jpg


IMG_7938.jpg


IMG_8630.jpg


信じるのみ。


http://www.utaka.co.jp/

http://www.shikokuferry.com/route_taka_uno.html


| 2010/02/12(金) 20:14 | Trackback:(0) | Comments:(0)
心臓部
船の心臓部といえばエンジンです。

私の地元の玉野ではご存知の通り三井造船玉野事業所があり船舶用の大型ディーゼルエンジンはよく見かけます。

これがホントに大きいんですよ。間近に接近した事は無くても大きさというのはよく分かる代物。

今日は田井港にてそのエンジンをドナするために深サルの「宏栄」が入港し積み込みを行ってました。

もちろんすぐ横では小型のタグが警戒として周囲を周っていました。


こんな感じで吊り上げてます。
IMG_0191_20090328224035.jpg


一体何十㌧あるのか気になる。
IMG_0193.jpg


アジアン・ダイナミックスは良く田井に入ってるんじゃないかな。
IMG_0195_20090328224145.jpg


これぐらいのサイズになるとピストンは勿論一つ一つの部品が大きくなります。
ちなみに吊り具の自重は10t。注意事項が大きく書かれています
IMG_0197_20090328224252.jpg


ここまで曳いて来たタグ。鳴門丸。さすがは起重機船の会社。タグにもクレーン付。タダノのCARGO CRANE Z
IMG_0198.jpg

この2時間後ぐらいには作業を終え「宏栄」は出港していました。
IMG_0200_20090328224603.jpg



| 2009/03/28(土) 22:47 | Trackback:(0) | Comments:(0)
小さな力持ち
船でいうタグボートですね。
正直ある程度の大きさのタグを欲しいなと思うことがしばしば・・・(笑

今日は帰り際田井港で出港していたので観察。

う~んトランシーバー欲しいなぁ・・・。詳しい人も近くにいるし聞いてみよう。


IMG_2862.jpg


IMG_2866.jpg


IMG_2865.jpg


IMG_2868.jpg


IMG_2867.jpg


IMG_2870.jpg


IMG_2869.jpg


IMG_2872.jpg


IMG_2871.jpg


IMG_2874.jpg


IMG_2873.jpg


IMG_2876.jpg


IMG_2875.jpg






| 2009/03/19(木) 20:10 | Trackback:(0) | Comments:(0)
玉野海上保安部
毎年悩まされる季節が来てしまいました。

ここをご覧になってる方の中にも居ると思いますが花粉症持ちです・・・

しかも目と鼻。ガキの頃からで毎年億劫に感じる季節です。

あぁ鼻水が止まらん・・・・

今回は天佑に続き船。

玉野海上保安部の巡視船・巡視艇たちを。

とっておきのスポットからの撮影です(笑

LS218せとひかり
IMG_2234.jpg


SS-43ありおす
IMG_2235.jpg

海保は転属で船名・艇名が変わるので厄介なもので・・・


CL30せとかぜ
IMG_2236.jpg


せとかぜ・ありおす・せとひかり
IMG_2237.jpg


たまなみ・せとかぜ・ありおす・せとひかり
IMG_2238_20090226212527.jpg


PC81たまなみ
IMG_2239.jpg




| 2009/02/26(木) 21:27 | Trackback:(0) | Comments:(0)
天佑
地元の重量物輸送・海運のパイオニアである備南開発の輸送台船「天佑

たしか15か16あたりから田井港に係留中。

どうも大分港-志布志港へコンテナクレーンを輸送したみたい。

2月は九州を周っていた感じです。

海自の輸送艦「おおすみ」型はLSTですが世界的に見ればドック型輸送艦。

ようは天佑と同じ種類です。アメちゃんなんかはこんな感じの強襲揚陸艦や輸送艦が。

■天佑主要目
船名 天佑

船級 NK,NS*(BARGE)

長さ(フォーク後端まで)
148.3m

長さ(垂線間長)
114.0m

幅(Mld.)26.7m

深さ(船楼甲板)
14.80m

深さ(上甲板)
6.80m

喫水(夏季満載)
5.515m

載貨屯数 
10,710kt(Summer)

甲板強度 
15t/m2

バラストポンプ  
2,000t/hr×2基



大きな船体です。
IMG_2163_20090221203123.jpg


さてどっちがオモテ?
IMG_2165_20090221203149.jpg


上の淵の塗装はトラックなんかと同じ赤と黒。前までは旧イメージカラーの青とオレンジのラインが縦に入っていました。
IMG_2166_20090221203221.jpg


旧塗装。トラックはこんな感じ。
1183355482.jpg


喫水線が13mまであるってのも特徴
IMG_2167_20090221203732.jpg


ゴツイ舫をグルグル。
IMG_2168.jpg


Bマーク。こんなのがあるとは。初見だなぁ。
IMG_2170_20090221203838.jpg


各地に玉野と備南開発の名を知らしめてやってください(笑
IMG_2171_20090221203931.jpg


フォークの上にコンテナクレーンを載せて引き込みます。
IMG_2172_20090221204111.jpg


ブリッジの向きがこうという事は・・・
IMG_2173.jpg


綺麗なお尻です。こちらが後
IMG_2174.jpg


IMG_2185.jpg


フォークは前から見るとこんな感じ。
IMG_2190_20090221204709.jpg


おおすみ型のスタンゲートを彷彿とさせますね。
IMG_2195_20090221204751.jpg


全景を前から。
IMG_2203.jpg


ボンベがやたらと。。。ブリッジは狭そうです。居住区は下なのかな。
IMG_2206.jpg


横には「天翔」が。日比の工場にも台船が。
IMG_2207.jpg



| 2009/02/21(土) 20:52 | Trackback:(0) | Comments:(2)
船いろいろ
「海王丸」のセイルドリルの合間に撮った船たち


海王丸を固定するためのタグボート
IMG_2141.jpg



ダルマを引っ張るタグ。よくある風景で時にはこれが3連の時も
IMG_2177.jpg


警備に当たっていた玉野海保の巡視艇
IMG_2190.jpg



IMG_2192.jpg



IMG_2291.jpg



後は直島の三マテの原材料受け入れ場
IMG_2301.jpg



三マテのアンローダーとタンカー
IMG_2302.jpg



直島-豊島間で産廃処理のために運航中の「たいよう」確か所有は日通だったかな。産廃を積んだトラックを運搬するための専用船
IMG_2304.jpg



IMG_2311.jpg



IMG_2313.jpg



IMG_2314.jpg



IMG_2319.jpg



IMG_2320.jpg



IMG_2321.jpg



IMG_2409.jpg



IMG_2410.jpg



IMG_2411.jpg



IMG_2475.jpg



(有)玉野建機



| 2008/05/21(水) 15:57 | Trackback:(0) | Comments:(0)
宇野-高松航路
宇野-高松航路で活躍中のフェリーたち。一部直島・豊島航路のものも


IMG_2145.jpg



IMG_2162.jpg



IMG_2169.jpg



IMG_2170.jpg



IMG_2171.jpg



IMG_2172.jpg



IMG_2195.jpg



IMG_2196.jpg



IMG_2200.jpg



IMG_2201.jpg



IMG_2238.jpg



IMG_2254.jpg



IMG_2255.jpg



IMG_2312.jpg



IMG_2337.jpg



IMG_2338.jpg



IMG_2339.jpg



IMG_2340.jpg



IMG_2341.jpg



IMG_2350.jpg



IMG_2353.jpg



IMG_2354.jpg



IMG_2355.jpg



IMG_2358.jpg



IMG_2359.jpg



IMG_2360.jpg



IMG_2361.jpg



IMG_2365.jpg



IMG_2366.jpg



IMG_2371.jpg



IMG_2374.jpg



IMG_2383.jpg



(有)玉野建機



| 2008/05/21(水) 15:40 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ

自動的に決済を行ってしまう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。