アクセスカウンター
プロフィール

EBIXER

Author:EBIXER
あっちをブラブラ、こっちをブラブラ。
気の向くままにカメラを向けてます。

使用カメラ・機材は
EOS5D3+BG-E11
EOS40D+BG-E2
EF24-105mm F4 L IS USM
EF100-400mmF4.5-5.6L IS USM
EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS
SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM
Canon EXTENDER EF2× III
550EX
Canon Power Shot S95


HPは建機備忘録

youtubeにも動画をUPしてあります。お時間があればどうぞ。
YouTube - yutani533のチャンネル


各地に残る油谷重工の機械・TY45の情報をお寄せください。お待ちしております。また他社古典機等の情報もお寄せ下さい。


こちら




最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
RSSフィード
地震速報
ガソリン価格

gogo.gs
PR
色見本

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

大海原へのあゆみ
昨日は三井玉野へ進水式を見に行ってきました。

まぁ進水式っていうと造船所が近くにある方なら分かるでしょうけど船をある程度まで作ると船台から海へと滑走させる船にとっては正に人生を歩み始める式な訳です。(まぁ最近はドック進水で式前に注水でタグで引っ張るのが主流に・・・)
三井玉野は昔ながらの迫力ある船台進水でございますですw

進水式自体が平日なので今まではロクに行けてなかったんですけど時間が余る状況だしmixiで三井玉野のコミュ運営してるから行かなきゃねぇ~ってことで(爆

IMG_0765.jpg 入って直ぐに見つけたのはこの子。まぁ何度も見てる力持ちの250tキャリア。造船はブロックを造ってそれらを組み合わせる方式ゆえにこういうデカイのがいるんです。


本日の主役56BC。56000載貨重量トンバラ積み貨物船。船自身は30000トン台
150隻以上を受注しこれが120隻台だったかな。異例のヒット商品ざんす。もうじき新型の66BCが出ます。
主役

進水までの作業要領は5段階ほど。進水作業開始→行止支柱取り外し→トリガー安全装置外し→準備完了→支綱切断・進水となってとります
IMG_0768.jpg

こういうフェリーの進行状況が表示されるのもここならでは。以前は連絡船も入ってたことでしょう。
IMG_0784_20110119100435.jpg

観光協会はやきもきしてますが少ないほうが助かるんだけどなぁ~w
少な目かのう

真ん中のお人が船主。デンマークのTriton Navigation B.V.社の社長さんです。左が住友重機械の船舶のお偉いさん。
うぇるかむ~

式が始まりデンマーク・日本の国歌がいよいよ船名の命名。
本船を・・・・・と命名する

本船はTRITON SWALLOWと命名されました。
トリトン スワロー

命名が終わると進水作業に掛かり準備が整えばいよいよ支綱切断からの進水!。斧を使うとこもありますがハンマーモドキですねw。まぁちなみに支綱っていうのは安産のお守りになると言われてまして縁起物であります。一応玉野じゃ観光協会で買えた筈。
支綱切断!

支綱切断するとお決まりなのがシャンパンを割る事であります。ロープが外れてビューン!と加速してバリーンになっちゃいます(笑
びゅーん!

バリーんっ!

ちなみにこのシャンパン、直ぐ横の生協で1kほどらしいw byBELL氏
IMG_0834_20110119101554.jpg

めでたくくす玉が割れ紙ふぶきにテープを纏い海原へと進むのであります。
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・Powered by BELL氏(笑

余談ですが観光協会でフォトコンやってるんですがまぁ毎度毎度この上の写真のようなが入選してるんですよねぇ。
何と言うか出す方も選ぶ方も馬鹿の一つ覚えと言うか芸が無いというか。正直寒い事やってるなと思ったりするんですよねぇ・・・

今回は2号なんでゆ~っくり。やっぱり5号で非ずんば三井玉野に非ずってことっすかww
まぁ来月は5号なんで行きましょうかね~
IMG_0849.jpg

IMG_0852.jpg

支援のタグはお馴染みの栄吉海運のさかえ丸2と植田曳船の大鳳丸。いつものコンビです。
お馴染み

IMG_0873.jpg

進水式も終わり帰ろうとしてると何やら横で注意する声が。
振り向くとオバハンに爺さんが規制線越えて立禁区域に入ってやがる・・・・
しかも気付かずそのまま撮影続けるし最悪じゃねぇかと。脚立ジジイどもが居るときもあるから警戒してたけど・・・
ちゃんと入場時に配られるペーパーに書いてるんですよ。スタッフの指示に従うようにとか順路以外に絶対に立ち入るなって。事故でもあったら公開されなくなるのが分かってないようです。こういう連中は。
三井玉野ほどオープンなのは珍しいのに。。。
こういう連中につける薬は無いんで困ったもんです。知ったかぶりをかましてガセネタ流すオッサンも居たぞ。立入禁止区域に入れるわけ無いのに。
馬鹿その1

ここにも、、、
馬鹿その2

こういうアホのお陰で総務の若いおにいちゃんがお偉いさんに怒られてたよ・・・
まぁ注意しなかったのはミスだけどとばっちりだよなぁ。

船台下の待機所でこんなのを(笑
ターレット!
市場じゃないっすww

ん?何やら面白い光景がw 守衛さんご苦労さまっす。
カブやっぱりかっけぇっすw

先頭は所長と常務が座乗。一応ここの持ち物のクラウン。去年導入。
二番手は船主さんと住友のお偉いさん。フーガは不明
カブに先導されやってきたクラウンにフーガ

なんか知ってる顔が乗ってるんですけど。。。
両備。

このステア具合最高ですなぁ・・・
魅力的・・・

小さくても25t。実にタフな野郎ですw
タフネスボディ

塗装さんが使ってるから芸術的色使い(ぇ
BELL氏に話は聞いてたし写真は見せてもらってたけど前回見れなくてようやく。
どろどろポーターキャブ

かなり簡単に書きましたが何時、何度見ても良いもんです。オススメですよ。



久々にものぐさ太郎が長文を書きました(ぉ
ってな訳で復帰いたします。とりあえずHPは今作業してるんでもうしばし更新はお待ち下さい。
ネタは豊富なんで色々かましていきませうかねw
関連記事
スポンサーサイト
| 2011/01/19(水) 10:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



自動的に決済を行ってしまう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。